活動記録ブログ

1期2年目、2期1年目のおこめつ部の活動を綴ります。

社会に価値を生み出す力を身に付ける3日間「種蒔」参加者募集中!

  • 新着情報 [update: 2017/10/17]

 

おかげさまで「耕起~Open Event~」の全日程が終了しました。

現在、おこめつ部では「種蒔(たねまき)~Workshop & Training~」の参加者を募集しています。「耕起」で学んだアイデア創出の方法をさらに深めるに加え、ビジネスモデルやロジカルシンキングなど、自分の想いを社会で求められる価値としてカタチにする力を身に付けられるのが、この「種蒔」です。

 

会場は、「ドチャベン」の聖地(!?)「BABAME BASE」。新たなチャレンジが続々と生まれる旧小学校現インキュベーションオフィスです。場の持つ力に刺激を受けながら、学校ではもちろん、この秋田でもなかなか得られない実践的な学びにどっぷり浸かってはいかがでしょうか。

 

[種蒔(たねまき)概要]
・日時:2017年11月3日(金)~5日(日)
・会場:BABAME BASE(五城目町地域活性化支援センター)
南秋田郡五城目町馬場目字蓬内台117-1
・参加費:無料(期間中の食費及び集合場所までの交通費は実費負担)
・内容(予定):
1,2日目:ビジネススキル&ITリテラシー
3日目:アイデア創出&ビジネス・モデル
・お申し込み
こちらのフォームからお申込みください

 

※2017年度冬に実施する「田植~Akita Youth Firm~」にご参加いただくためには本プログラムの参加が必須となります。
※原則として全日程にご参加いただける方を優先とします。また、応募多数の場合は10~20代の方を優先させていただきます。あらかじめご了承ください。
※1日目、2日目の夜は五城目町内で宿泊が可能です。お申込みいただいた方に追って詳細をご案内いたします。

2017/10/06 秋田魁新報にご掲載いただきました

  • 新着情報 [update: 2017/10/06]

 

本日の秋田魁新報経済欄にて、おこめつ部をご紹介いただきました。明日開催されるオープンイベント「耕起」はどなたでもご参加可能です。当日の参加も受け付けておりますので、どうぞお気軽にお越しください!

 

【おこめつ部・耕起~Open Event~ 概要】
○日 時:2017年10月7日(土) 13:00~15:00(クロストーク 15:00~16:00)
○会 場:秋田大学 地方創生センター2号館 2階大セミナー室
○参加費:無料
○内 容:
(1)全国の大学生を続々起業に導くおこめつ部メンターによる、講演&ワークショップ
講師:GOB Incubation Partners株式会社 代表取締役 山口高弘氏

(2)大学在学中から起業に着手した若者3名によるショートピッチ
プレゼンター:
・東里雅海氏 はたらける美術館 館長
・工藤成仁氏 Lunch Together!(おこめつ部1期生)
・高橋新汰氏 ReflecTravel(おこめつ部1期生)

※15:00~16:00からは「若き起業家たちによるクロストーク&会場との交流会」を実施いたします。こちらは任意参加です。学生起業家たちに直接質問してみたいという方はぜひご参加ください。

○お申し込み方法:
リンク先のフォームよりお申込みください

10/7は今年度耕起最終回! お申込みお忘れなく!

  • 新着情報 [update: 2017/10/05]

 

2年目に突入したおこめつ部の「だれでも参加可能」なオープンイベント「耕起」も、今週末が最後! 第1回、第2回を踏まえ、内容をさらにブラッシュアップしました! おこめつ部メンターである山口さんの講演&ワークショップに加え、今回は秋田と東京でそれぞれ新規事業創出に真っただ中にいる若者3名にクローズアップ。まだお席には余裕があります。ぜひご参加ください!

 

【おこめつ部・耕起~Open Event~ 概要】
○日 時:2017年10月7日(土) 13:00~15:00(クロストーク 15:00~16:00)
○会 場:秋田大学 地方創生センター2号館 2階大セミナー室
○参加費:無料
○内 容:
(1)全国の大学生を続々起業に導くおこめつ部メンターによる、講演&ワークショップ
講師:GOB Incubation Partners株式会社 代表取締役 山口高弘氏

(2)大学在学中から起業に着手した若者3名によるショートピッチ
プレゼンター:
・東里雅海氏 はたらける美術館 館長
・工藤成仁氏 Lunch Together!(おこめつ部1期生)
・高橋新汰氏 ReflecTravel(おこめつ部1期生)

※15:00~16:00からは「若き起業家たちによるクロストーク&会場との交流会」を実施いたします。こちらは任意参加です。学生起業家たちに直接質問してみたいという方はぜひご参加ください。

○お申し込み方法:
リンク先のフォームよりお申込みください

※「2期生1年目による中間報告会」はショートピッチに代えさせていただきました。

1期生2年目プログラム「出穂」・公開中間報告会@国際教養大学レポート

  • 新着情報 [update: 2017/09/27]

公開中間報告会直前に行われた「耕起~Open Event~」のレポートはこちら

 

先日の2期生向け「耕起~Open Event~」第1回に引き続き、昨年度からおこめつ部に参加している1期生で、2年目のプログラム「出穂(しゅっすい)」で起業準備中の県内大学生2名による公開中間報告会を実施いたしました。

 

1期生の実験に参加してくれた学生も登場

 

最初に登壇したのが、秋田県立大学の高橋新汰くん。彼が手掛ける「ReflecTravel」は、地方の大学生が自ら出向くことなく都市部の社会人と交流し、お互いにキャリアを振り返る機会を提供するサービスです。すでに、実際に首都圏在住の社会人と秋田県内の大学生が秋田県内を共に旅する”実験”を何度も実施しており、実験協力者からのフィードバックを受けてより価値のあるサービスづくりのためにプランのブラッシュアップを図っています。

 

サービスだけでなく、実現したい世界を熱弁する1期生たち

 

次に登壇した秋田大学の工藤成仁くんからは、ついつい一人で食べてしまいがちになるランチタイムに、近くの人同士をマッチングして一緒にランチを食べることのできるサービス「Lunch Together」の紹介がありました。なぜこのサービスを構築するに至ったのかを、自分の言葉で淡々と語る姿は頼もしい限り。それも、誰かに言われたから、儲かるからではなく、自分自身が解決したいこと、実現したいことを大切にしているおこめつ部ならではかもしれません。

 

質疑応答も盛り上がりましたが、メンター陣のフォローが必要な場面も特になく、自分の言葉で回答していく1期生の二人。サービスの実現化はこれからとなりますが、すでに彼らが「起業家」であることが会場に伝わったのではないかと思います。

 

次回の報告会は10月7日の「耕起~Open Event~」に合わせて実施いたします。今回はピッチ及び質疑応答という流れでしたが、さらに彼らの思いや実際のところに踏み込むべく、学生起業家とメンターによるパネルディスカッション形式を検討中です。今回日程の合わなかった方は、ぜひオープンイベントと合わせてご参加ください!

 

「耕起~Open Event~」のお申込みはこちら

 

2期生を対象としたオープンイベント第1回、第2回が終了!!

  • 新着情報 [update: 2017/09/25]

2017年9月23日、おこめつ部第2期の1stプログラム「耕起~Open Event~」を「国際教養大学」及び「秋田拠点センターALVE」にて実施いたしました。

 

国際教養大学での山口氏講演の様子@国際教養大学

 

当日は、昨年度からおこめつ部のメンターとして1期生をサポートしてきたGOB Incubation Partners株式会社 代表の山口高弘氏と、同社の新規事業「ヨンブンノサン」の代表を務める丸山琴氏が東京から駆けつけてくれました。

 

昨年度も大好評だった山口氏の講演では、「想いをカタチにするために、ビジネスという手段がどれだけの可能性を秘めているか」をメインのテーマに、ご本人がビジネスを始めるに至った経緯や、おこめつ部のプロセスの中で大切にされている考え方が紹介されました。

 

“ビジネスは単に儲けるための手段ではなく、具体的に困っている誰かの課題を商品やサービスを通じて解決し、かつその商品やサービスを多くの人に届けるための有効な仕組みである”

 

ご自身の経験や様々な事例をベースとしたお話は具体的で説得力がありました。

 

丸山氏による「ヨンブンノサン」の紹介

 

続いて、少し前まで大学生だった丸山氏による新規事業「ヨンブンノサン」の紹介。プレゼンテーションは「肯定から始まる世界がつくりたい」という想いを語るところから始まりました。彼女が手掛けるのは、全くの白紙でもなく、単なる塗り絵でもない、新しい子ども向けのアートブック。正解や尺度のない中で子どもたちが創造性を自由に発揮できることができるように、世界の名画の1/4だけが空白になっているという仕様です。

 

同日夕方にはALVEにて「耕起」を実施

 

講演後の質疑も盛り上がり、休憩時間や終了後には直接話しかけにいく参加者も。山口氏による、効果的なアイデア創出の手法である「統合思考」と「転換思考」を体験するワークショップを経て、「耕起~Open Event~」は終了。引き続き、昨年度からおこめつ部に参加し、この秋田で新しいサービスの開発に取り組む1期生の二人による公開中間報告会が開催されました(こちらは別記事にて近日中にご報告する予定です)。

 

 

中間報告含めて約3時間の密度濃い時間となりましたが、「耕起」後すぐに11/3-5の「種蒔」に申し込んでくれた学生もいました。土曜日でかつ稲刈りの時期ということもあり県内各地で魅力的なイベントがひしめく中ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

前の記事を見る