活動記録ブログ

1期2年目、2期1年目のおこめつ部の活動を綴ります。

1期生2年目プログラム「出穂」・公開中間報告会@国際教養大学レポート

  • 新着情報 [update: 2017/09/27]

公開中間報告会直前に行われた「耕起~Open Event~」のレポートはこちら

 

先日の2期生向け「耕起~Open Event~」第1回に引き続き、昨年度からおこめつ部に参加している1期生で、2年目のプログラム「出穂(しゅっすい)」で起業準備中の県内大学生2名による公開中間報告会を実施いたしました。

 

1期生の実験に参加してくれた学生も登場

 

最初に登壇したのが、秋田県立大学の高橋新汰くん。彼が手掛ける「ReflecTravel」は、地方の大学生が自ら出向くことなく都市部の社会人と交流し、お互いにキャリアを振り返る機会を提供するサービスです。すでに、実際に首都圏在住の社会人と秋田県内の大学生が秋田県内を共に旅する”実験”を何度も実施しており、実験協力者からのフィードバックを受けてより価値のあるサービスづくりのためにプランのブラッシュアップを図っています。

 

サービスだけでなく、実現したい世界を熱弁する1期生たち

 

次に登壇した秋田大学の工藤成仁くんからは、ついつい一人で食べてしまいがちになるランチタイムに、近くの人同士をマッチングして一緒にランチを食べることのできるサービス「Lunch Together」の紹介がありました。なぜこのサービスを構築するに至ったのかを、自分の言葉で淡々と語る姿は頼もしい限り。それも、誰かに言われたから、儲かるからではなく、自分自身が解決したいこと、実現したいことを大切にしているおこめつ部ならではかもしれません。

 

質疑応答も盛り上がりましたが、メンター陣のフォローが必要な場面も特になく、自分の言葉で回答していく1期生の二人。サービスの実現化はこれからとなりますが、すでに彼らが「起業家」であることが会場に伝わったのではないかと思います。

 

次回の報告会は10月7日の「耕起~Open Event~」に合わせて実施いたします。今回はピッチ及び質疑応答という流れでしたが、さらに彼らの思いや実際のところに踏み込むべく、学生起業家とメンターによるパネルディスカッション形式を検討中です。今回日程の合わなかった方は、ぜひオープンイベントと合わせてご参加ください!

 

「耕起~Open Event~」のお申込みはこちら

 

前の記事を見る

新しい記事を見る