活動記録ブログ

1期2年目、2期1年目のおこめつ部の活動を綴ります。

2017種蒔(たねまき)レポート

  • 新着情報 [update: 2017/11/17]

去る11月3日~5日の3連休に、おこめつ部2期1年目「種蒔~Workshop & Training~」が開催されました。

参加したのは、延べ22名。貴重な3連休を良質なインプットに費やす時間とすることを望んだ意志ある若者が、五城目町のインキュベーションオフィス「BABAME BASE」に集いました。中にはわざわざ首都圏から参加した県出身者の方も。

1日目と2日目午後の講師を務めたのは、GOB Incubation Partners(株)・若松誉典氏。

チームマネジメント、ロジカルコミュニケーション、タスクマネジメントなど、ビジネスのみならず学生生活の中でも重要になってくる知見を、わかりやすい事例を交え、グループワークで手を動かしながら能動的に学べる仕立てでレクチャーが展開されます。

2日目午前は、(株)ウェブインパクト・高柳寛樹氏によるTech分野の最新動向に関する講演。

創業の経緯に始まり、日本のICT活用の実情や海外の事例、「IT前提経営」のコンセプトなど、多岐にわたる内容の濃い講演の後には、質問が殺到していました。

3日目の担当は、1期生のメンターも務めるGOB Incubation Partners(株)・山口高広氏。

経営者である山口氏のお父様との問答のシェアを皮切りに始まった最終日。オープンイベントで軽く触れたアイデア創出の方法を余すところなく伝え、グループワークでビジネスの種となる「イシュー」の発見・設定からビジネスアイデアを形作るまでを一気に学びました。

 

今回、改めて感じたのは、参加者のみなさんの学ぶ意識の高さ。3日間、朝から夕方までびっしり詰まったスケジュールの中で、最初から最後まで集中力を切らさずにメモを取り、ディスカッションし続ける姿は、本当に頼もしい限りでした。素晴らしい”部員”を迎えられたことこそが、このおこめつ部にとって最も意義あることだったかもしれません。

この「種蒔」の参加者の中から手を挙げた方が、おこめつ部の次なる実践フェーズ「田植~Akita Youth Firm~」に進むメンバーになります。真冬の田植、今から大変楽しみです!

前の記事を見る