活動記録ブログ

1期2年目、2期1年目のおこめつ部の活動を綴ります。

1期生、2期生、3期生合同の報告会を開催しました

  • 新着情報 [update: 2019/03/15]

2019年3月13日、2018年度のおこめつ部の報告会を開催しました。

秋田県の事業として始まったおこめつ部は2期生2年目の支援を最後に終了。以後は民間での支援体制に移行するべく、水面下で調整を進めています。こうしたタイミングを踏まえ、おこめつ部のこれまでとこれからを共有する場として、1期生、2期生、そして民間による3期生の合同による報告会という形をとりました。

 

事務局やメンターからの概要説明の後、1期生→2期生→3期生の順で報告が始まります。

 

3年間メンターとしてかかわり続ける山口氏からの挨拶。起業家の成長よりも事業の成長が早くなりがちなスタートアップでいかに起業家を育てるか。そこにコミットするのがおこめつ部であり、若者の母数が少ないこの秋田でおこめつ部がある意義を解説していただきました。

 

トップバッターを務めるのは1期生の高橋新汰くん。

これまで取り組んできた「対話×旅行」というスキームからピボットし、「脱出ゲーム×自己分析」の新たなビジネスプランを発表しました。すでにプロトタイプを何度か実施しており、過去のサービスに比べて集客に圧倒的な改善が見られたといいます。このスピード感が彼の持ち味。

 

続いて、同じく1期生の工藤君の発表。
今年度は民間としてスタートした3期生のメンターとして、事務局としても奔走した1年でした。一方、卒業論文など学業と事業創出の両立に苦労しました。進捗がかんばしくなかったことを率直に認めたうえで、大学卒業後も心新たにアプリ開発に立ち向かうことを誓います。

 

2期生の鍵谷さんは時差8時間のスウェーデン在住。リアルタイムの参加が難しいため、発表をあらかじめ録画したものを会場で流しました。

彼女が6月からこつこつとプロトタイプを繰り返してきた「IcoNpass」は対話型インタビューからキャッチコピーを発見し、それを名刺に落とし込むサービス。ランディングページと実際に作成された名刺のデザインを目の当たりにし、会場の皆さんも目指すものがイメージできた様子でした。

 

香港在住の2期生・村上くんはリアルタイムで遠隔プレゼンテーションを披露してくれました。

淡々と探求を続けてきた成果として「コーヒーステップアップナビ&キット」というプロダクトを発表。スマートフォンアプリのモックアップのQRコードを貼り付け、会場の皆さんが手元で動作イメージを確認できるように工夫してくれました。彼のコーヒー愛は海を越えて会場まで届いた気がします。

 

2期生として唯一会場入りした澤口くん。3月から「高茂合名会社(ヤマモ味噌醤油醸造元)」に合流することが決まっています。

彼が提案するのは、これからのローカルをつくる人たちのCo-livingサービス「Circuit」。その最初の拠点として湯沢市の空き家に住み始め、老舗企業のリソースを活用しながら、社内起業家として事業開発に挑みます。東京や秋田市にも連携拠点を設けていく野心的なプラン、これからが楽しみです。

 

最後に、3期生の3名(写真左から佐藤くん、佐々木さん、藤田くん)が登場。

パートナー企業として三種町の「農園りすとらんて herberry」を迎えた彼らが提案したのは「食べる名画」。美術作品のイメージを美大生が言語化し、シェフがそのイメージを料理に落とし込むという画期的なアイディアが飛び出ました。会場の反応も良く、パートナーの山本さんも「難しそうだが、ぜひやってみたい!」と意気込みを語っていただきました。

 

すべての発表が終わった後、改めて一人ひとりにおこめつ部に関わったこの1年間の感想と振り返りを全発表者に話してもらいました。秋田の若者たちが好奇心や志に突き動かされてチャレンジする姿は、本当に頼もしい限りでした。

 

報告会の締めくくりとして、山口氏と同様、この秋田で3年間おこめつ部に寄り添ってきた丑田氏が、このおこめつ部というコミュニティが秋田に生まれたことの意義を強調すると共に、民間の体制で継続する方向性を示してくれました。

 

報告会終了後も多くの方が残り、発表者も聴講者も入り混じって熱心な会話がいたるところで繰り広げられました。若者たちの熱量が会場中に伝播したような雰囲気。本当に、ここに集ったおこめつ部員の今後が楽しみでなりません。

 

その熱気を受け取るように、2期生の鍵谷さんによる「IcoNpass」の体験会も行われました。会場にいた2名が体験を希望し、1名は鍵谷さんとオンラインで、1名は鍵谷さんに伴走し続けたメンター・東里氏と対面での対話型インタビューを実施。鍵谷さんは完全に初対面の相手へのプロトタイプは初めてだったこともありやや緊張もあったと後日語っていましたが、今後のα版リリースに向けてよいテストができたということ。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

前の記事を見る